原点回帰~なまら笑顔で楽しむべ~

札幌学院大学バリアフリー委員会
 

現在、更新停止中です。
今後については、詳細が決まり次第お知らせいたします。
 
札幌学院大学
 
サイトマップ委員会について活動内容活動報告カレンダーお知らせトピックス各種資料リンク集メールBFの会 (OG・OB会)

2010年度 バリアフリー委員会 全体活動計画

バリアフリー委員会10年度学生代表

1.今年度の目標
「初心を忘れずに、みんなで新しいことに取り組んでいこう」

・原点に戻ろう
バリアフリー委員会そのものを考え、1つ1つの活動の意味を考えよう。
・チャレンジしていこう
個人や各部で新しいことに挑戦しよう。
・みんなで協力し、共に学び合おう。
お互いにバリアの無い体制を目指し、共に助け合って活動していこう。

2.活動について
・代表、副代表の4人は各部すべてに所属し、バリアフリー委員会全体の活動に参加する。

・2010年度は例年に比べテイカー、移動介助者及び筆記代行者が著しく不足することが予想されるので、現会員が新規会員に積極的に広報活動を行い人員を増やす。

・情報の共有や活動内容を円滑にするため、月に一度全体報告会を行う。また部局長会議も月に一度必ず行い、必要に応じて全体会議もその都度行う。

・会計は代表、副代表が責任を持って行う。大学から講演会や大会の参加に対して補助金を貰った場合には、直接参加者に渡し、管理は責任を持って行わせる。

・個人情報に関しては部内で徹底的に管理し、外部に漏らさないようにする。過去の会員のメールアドレスに関しても08年度分までのメールアドレスは住所録から外し、Excelに登録し2重ロックを掛け、学生代表が責任を持って管理していく。

・4月中に数回バリアフリー委員会の説明を行う。バリアフリー委員会が障がいを持つ学生に対して、大学生活を支援する団体であることを伝える。各部や年間予定の説明、テイクの体験を行い、具体的なイメージ化をつなげる。

・部室は人の出入りがあるため、日ごろから清潔に保つよう会員に呼びかけ、月に一度、部室の掃除を部のローテーションで行う。年度末には新しい部局長で大掃除を行う。