原点回帰~なまら笑顔で楽しむべ~

札幌学院大学バリアフリー委員会
 

現在、更新停止中です。
今後については、詳細が決まり次第お知らせいたします。
 
札幌学院大学
 
サイトマップ委員会について活動内容活動報告カレンダーお知らせトピックス各種資料リンク集メールBFの会 (OG・OB会)

交流部

交流部はバリアフリー委員会内の交流を深めるためのイベントを開催する活動を主に行います。

スポーツ交流会ではバリアフリー委員会内の交流会に留まらず、他大学、地域の参加も呼びかけ大々的に行います。

 
2012年度 冬のスポーツ交流会 12月8日(土) 参加人数:48名
1次会(スポーツ交流会)
時間:13:00~17:30   場所:札幌学院大学第2キャンパスメインアリーナ

12月8日(土)午後1時から札幌学院大学第2キャンパスにて、「冬のスポーツ交流会」を行いました。参加人数は48名で、北翔大学・北星学園大学・北海道大学からの参加もありました。はじめにグループごとで自己紹介をし、その後それぞれの企画を行いました。
スポーツ交流会の後は、札幌で2次会を行いました。

今回行った競技は、 最初に「ゴロドッジボール」「ボッチャ」「ティーボール」の3つの種目を行い、次に「借り者競争」、最後に「冬のHAPPYメリクリクルマイス(車いすリレー)」を行いました。
 

競技説明

それぞれの競技の詳細を説明します。

  • ゴロドッジボール:基本ルールはドッジボールと同じです。ボールは転がして投げます。内野の人は座り、外野の配置は味方のコートの外側です。内野は味方からのパスは取れますが、相手チームからのボールに触れたらアウトです。車いすに乗っている場合、フットレスト以外に当たるとアウトです。アウトになっても、出題されるクイズに正解すればコートに戻ることができます。最終的に内野が多く残ったチームの勝ちです。
  • ボッチャ:先攻・後攻を決め、後攻のチームが白球(目標)を投げます。チームが交互に白球に近づけるように球を投げます。すべての球を投げ終わったら終了です。白球に一番近く投げることができたチームは、相手チームの一番近い球より内側にある自身のチームのボール個数分点数を獲得できます。各チーム車椅子に乗って投げる人が1名います。3セット行い、総合得点の多いチームの勝ちです。
  • ティーボール:基本ルールは野球と同じで、2アウトで攻守交代します。バッターは車いすに乗り、ティーの上のボールを打ちます。男性は片手打ち、女性と車いす学生は両手打ちです。ランナーは自走して進塁し、ベースを踏む代わりに各ベースにいる人にハイタッチします。守備は3人で、打たれたボールをベースにある段ボールに入れることでアウトにできます。ボールが打たれるまで座り、打った瞬間に立ちあがり守備をします。
  • 借り者競争:ランナーは全員車いすに乗って走ります。スタートしたら途中にあるくじを引いて、書いてある条件に当てはまる人に車椅子を押してもらいゴールへ行きます。ゴールで次のランナーにバトンを渡します。一番最初にアンカーがゴールしたチームの勝ちです。
  • 冬のHAPPYメリクリクルマイス(車いすリレー):ランナーはプレゼント(メダル)とたすき(サンタの帽子)を付けて走ります。アンカーを除く奇数番目のランナーは問題に答えてから次のランナーに交代します。不正解の場合、その場で5秒間止まってもらいます。ゴールラインに立っているサンタに一番早くプレゼントを渡せたチームが勝ちです。


 

 

冬のスポーツ交流会 写真

今回は交流部1年生が中心に企画進行を行いました。

 
2012年度 夏のスポーツ交流会 7月14日(土) 参加人数:38名
1次会(スポーツ交流会)
時間:13:00~17:30   場所:札幌学院大学第2キャンパスメインアリーナ

7月14日(土)午後1時から札幌学院大学第2キャンパスにて、「夏のスポーツ交流会」を行いました。参加人数は約38名で、今回は北翔大学と北星学園大学からの参加もありました。それぞれの競技で熱い戦いが繰り広げられました。 スポーツ交流会の後は、札幌の大通で2次会を行いました。

今回行った競技は、 最初に「風船バレー」「フライング・ディスク」「菜見子ボーリング」の3つの種目を行い、次に「戦闘中」、最後に「車いすリレー」を行いました。
 

競技説明

それぞれの競技の詳細を説明します。

  • 風船バレー:基本ルールはバレーボールと同じです。必ずボールは3回触って相手コートに返します。チームのうち1人は、車いすに乗りバドミントンのラケットを使います。車いす学生以外は立ちひざでやります。総得点の高いチームが勝利です。
  • フライングディスク:各チームで1人レシーバーを決め、それ以外の人はシューターとなります。シューターは車いすに乗って1人1回ディスクを投げ、レシーバーの持っているフラフープにディスクを通します。ディスクをフラフープに通した数が多いチームが勝利です。
  • 菜見子ボーリング:車いすに乗りボールを投げて、ピンを倒します。ピンの配置はチームで自由に決めることができます。倒したピンが多いチームが勝利です。
  • 戦闘中:各チームで守る人と攻める人にわかれます。守る人は指定エリア内でバドミントンのラケットでガードし、攻める人はエリアの外からボールで的を倒します。6本の的を1分間のうち何秒で倒せるかを競います。攻守交替で2回行い、その中の最も短い時間で勝負します。
  • 車いすリレー:車いすに乗って、リレーをします。レースの途中で○×クイズに答えます。


 

 

夏のスポーツ交流会 写真

夏のスポーツ交流会の様子です。